プレミアムフライデー

昨日はプレミアムフライデーという取り組みがスタートしました。

プレミアムフライデーとは、

原則月末の金曜日は午後3時ごろまでに退社時間を繰り上げ、

買い物や観光などの時間を創出しようというもの。

主目的は消費喚起で、働き方改革も兼ねている。

実際の所はどうだったのでしょうか?


百貨店業界はすでに“セール疲れ”に陥っていることもあり、

大々的なセールは行わない。

「実施規模が不明で、大掛かりなイベントは正直やりづらい」

衣料品販売も苦戦していることから、

伊勢丹新宿本店ではレストラン街で

食べ歩き・飲み歩きができる体験型イベントを企画する・・・

程度ですね! 

各企業の足並みがそろわなければなかなか難しいですね!


ただ、我々サロンでも値引きではなく

何か月1のイベントを企画したり

色々な活用は出来るかなと思います。


そして、昨日は東京都立高校の一般入試だったようで

何故そんな事を言うかというと

昨日は「そうだ春休み前に高校廻ろう!」と


昨年の夏以来、半年ぶりにと思い

午前中の仕事を済ませてスタート

1校目に着くと

何やら様子がおかしい

校門前に色々と張り紙があり

教師らしい人が立ってキョロキョロ


申し訳ありません!

今日何かやっているんですか?・・・と聞くと

「本日は一般入試です」

・・・?

「という事は学校の中は入れませんね?」

「先生に合う事も出来ませんね!」


・・・「ちなみに都立高校はみんなそうですか?」

「たぶんそうだと思います」と。


とっても要領を得ない会話をして辞去する。

帰りがけにネットで調べると

一般入試2月24日となっていました。


目的はグループでやっている

イベントの案内

そして、プレミアムフライデーは

公務員である教員の皆さんも

実施して消費に貢献するのだろうか?


素朴な疑問と好奇心でした。

yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000