帰省

3年振りに帰った田舎は

回を重ねるごとに過疎が進んでいる!

そんな印象を毎回感じます。


私がまだ居た高校時代

地元にはJRの路線がありました


誘致された4年生の大学もあり


それなりに人も居たように思います。


それは先ずコミュニティーの中心の

駅が存在したこと!!

そこを中心に、特に若者は集まって来て

その周辺の色々な所に散っていき

またある一定の時間になるとそこに集まる。


私が地元を離れてから

JRは廃線となり


大学は学生、子供がいない町では機能せず

数年後には撤退したようです。


その結果、私達が学生生活をしていた時期の

半分以下の人口に激減し

その当時の街を支えていた親たちは

ご多分に漏れず高齢化!!


今回帰省して

レンタカーを借りる為に

片道30分の所を歩いて行って

すれ違った人はわずか4人(@_@)


いったいこの町の人は何処に行って

日中は何をしているのだろうか?

そんな事を考えながら過ごした初日でした。


自分がこの土地に戻って

今と同じ仕事をしなければならない場合

どうやって求人をし、どうやって集客をするか?


この思考は求人で地方を回った時も

同じ感覚になることがあります。


こんな場所でビューティーの仕事が出来るのか?

そんな対象になる人がどれ位いるのか?


まして自分が通っていた高校は無くなり

統合されてしまったそうで(ー_ー)!!


オシャレ人口はどれ位いるのだろう?


そんな帰省3日目に、「喫茶店でも行く?」っと

誘われて行った所に

帰ってから一つの場所にこんなに人が!!っと


それも子供もいれば

若者から中高年の方まで一杯です!

時間帯も関係あると思いますが

満席状態がずっと続いていました。


そして夕方からは最後の晩餐ではありませんが

美味しいレストランがあるからと行ったところ


そこにも居るではないですか!

肉大好きな若い女性、家族連れ、カップルが\(^o^)/


何処もそうですが

口コミや、あるコミニティーを通じて

良いものは良い、ダメなものはダメと

情報がしっかりと行きかっていて


街中を目的も無く歩くのではなく

目的地に向かって直線的な行動をしている

その手段が地方は車で移動するため

歩いている私とは出くわすことが無かっただけです。


東京に帰ってきて

人は幾らでもいるように感じます!

その甘えが私達から努力する気持ちや

向上心を奪ってしまっているかもしれません(@_@)


そんな怠け者の所からは

知らず知らずの内にお客様が欠けていき

気付いた時にはこんなはずではなかった!

新規のお客様を集めなければ!!っと

業者に高いお金を払って集客をしてもらう。


ただ、基本的な技術や知識やスピードや

ホスピタリティーやクリンネス

そして一人でも多くのお客様に喜んで頂きたいという

迎え入れる奉仕の気持ちetc


根本的な所がレベルアップしていないと

どんな集客もその場限りになってしまいます。


そんな事を感じさせてもらったお店でした。


「まりーさんの木」さん、ご馳走様でした<(_ _)>

気になる方は、是非行って下さい。


その代わり、私の故郷紋別は東京からは一日一往復の直行便✈のみ

ハイシーズンですと往復8万~となります(@_@)


それ以外は千歳か女満別、旭川に飛んで

車で100~300㌔走って行って下さい。

おススメは家の中でも人が凍えてしまう極寒の2月です。

yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000