日本の祝日

今日は勤労感謝の日でした

朝起きた時には天気が悪く

7時だというのに外は暗かったですね

午前中は雨で鬱陶しかったですが

午後からは暑いくらいの好天になりました。


そんな祭日ですが

我々サービス業に属する業界は普通に営業でしたね<(_ _)>


サービス業以外は普通にお休みだったと思いますが

それでも休みが少ないと言って

働き方改革などとニュースを賑わしています。


さて、日本はそんなに休みが少ないのか?


こんな日だから祝祭日を調べると

知っている人は知っているデータ( ..)φメモメモ

「日本の祝祭日数は世界第1位」\(◎o◎)/!

「え~そうなの?」

「そうなんです」


ダントツ17日(^_^)v


有休を合わせると、取れる取れないは別として

お休みは世界でbest5に入りますね!


だから働き方改革と言っているのでしょうか?


ただ休むだけでは、当然売り上げが落ちますね

だからお金を会社に集める若者は

休むことが出来ずにひたすら集金マンとなり

休まず営業活動をするわけです。


当然、それをやる為には

労働時間を減らしても収益が下がらず

逆に上る仕組みを作らなければなりません!


それが政府が言っているデフレ政策なのでしょうが

実際、我々の業界で伸びているのは単価が低い大手です。

その競争に入っていって、見事玉砕している所も目にします。


そこで先日のセミナーで言っていた

「値上げ」

ここに対して真面目に取り組んでいかなければ

人口減、少子高齢化にも対応できない

前も後ろも結構厳しいです(;一_一)


今日もweb版のセミナーを参考に

これからの店長会議に備えて情報収集をしましたが

そこでもハッキリとその事には触れていませんが

やはり、勝ち組は適性の集客をして

男女にかかわらず高単価客をつかみ

それをディズニー並のリピート率に高める↗


それをこの数年で作り上げなければ

間違いなく学生を含めて

あそこで働きたいと認識される会社として

存続する事は難しいと思います。


今日は少し重い感じの話になりましたが

幸せな未来の為、今の客数で単価を倍に上げる為に

何を変え、何が必要で、何を捨てる必要があるのか?


発想の転換が必要ですが

その頭を作る為に無くてはならないものは

「元気・感動・繋がり」が当たり前な姿勢を作る。


「元気があれば何でもできる!!」

そんな事を言って頑張っている人もいます<(`^´)>

あながちずれてはいないかな?!


そろそろ営業も終わる時間です。

準備をして会議に向かいます。

yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000