お化け屋敷

つたの絡まるチャペルで祈りを捧げた日   

夢多かりしあの頃の想い出をたどれば   

懐かしい友の顔が一人一人うかぶ   

重いカバンを抱えて通ったあの道   

秋の日の図書館のノートとインクの匂い   

枯葉の散る窓辺 学生時代


覚えのある人、ない人色々かと思いますが

ペギー葉山さんが謳った

「学生時代」という曲です。


その葉山さんは今年83歳で天にめされました。


急に何の話?


実は弊社の一番歴史のあるサロンで

唯一一軒家の路面店があります。


50年は経とうか思われる

木造の2階建ての店舗で

1階が店舗で、2階は倉庫で使っています。


その店舗に用事があり行ってみると

創業オーナーが何やら外でやっています。


何かと思い見てみると

壁一面に這って

青々と屋根に向かって伸びている

蔦の根元を一生懸命切っているではないですか(@_@;)


以前、壁を這っていく蔦の蔓を

スタッフが剥ぎ取ろうとしているのを見て

これはそのままの方が雰囲気が出て良いから

取ってはダメと言って


それ以来、自然に任せて

伸び放題にしていましたら

車で前を通ったお客様から

壁一面が蔦でうっそうとしていて

「お化け屋敷」の様だと言われたそうです。


さすがお客様は神様です。


お客様がおかしいという事には

弱いですね!!


夕方、日が暮れはじめ

べったりと汗をかき

蚊に刺されながらの作業をしていました。 


付き合っていると

なかなか終わりません。

私は何も言わずにそっと立ち去りました。


ただ周りの景色から

ひときわ浮き出す

そんな存在感のある店舗です。


来月43年目に突入?!


まだまだ会長も元気です。


お盆中はゆっくり施術が

受けられると思います。


夏休み後半、お待ち致しておりますm(__)m

yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000