品格 vol 4 アドリブ

私達のサービス業を含む

直接お客様に接して

サービスと対価のやり取りをする業は

日々小さな小さな

プレゼンの連続です。


よく店舗に入っていくと

「いらっしゃいませ」と言われます。

決まり文句で、何の面白さもありませんね!


挨拶もできない

本当に愛想のない店舗、スタッフに比べたら

無いよりましと思いますが

その内うっとうしく感じたり

そこに行く気持ちが萎えてしまう場合があります。


どうしても

我々サロンなどは

スタッフ一人一人のムラを平均化する為

マニュアルなどで十把一からげの教育をし

お客様をマス化してしまいます。


今の時代は

お客様の要望が多様化していますから

挨拶一つ取っても

当たり障りのない挨拶しかできないと

お客様の期待度はその段階で下がってしまいます。


よく云う

杓子定規な応対や

単なる丁寧さは慇懃無礼に映ってしまいます。


せっかくシッカリとやっているようでも

三流のサロン、人に思われます(--〆)


アドリブは予め準備できるものではなく

その時その時に素直に表現したことが

お客様に自然に受け入れられる。


そんな自然な対応が出来るのが

その時のアドリブが一流ですね!


まさに「アドリブは心の鏡」です。


日頃下品な私が表すアドリブは

とってもお下品なものかと思います。


相手と一緒に楽しい一時を過そうとする気持ち。

その場に最適な話を臨機応変にすることが出来る

日々の生活、心の状態を意識したいと思います。

今日もとっても真面目な話ばかりでした(反省)

もっとこのブログの中でも

アドリブを効かせて楽しい一時を過ごしたいと思います。


そんなことでそれでも

今日もツイテル、ツイテル\(^o^)/

yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000