水先案内人

不定期ですが

スタッフと面談をします。


殆んどは店長クラスとの

業績や部下に関しての話。


これはどちらかというと

こちらからアプローチをして

こちらが主導で話をします。


ただ、逆の

「すみません、お時間頂けますか?」

これはまずいですね!


お時間頂けますか?で

良い話があった例はありません(@_@;)


先日、そんな「お時間頂けますか?」が

ありました。

ただ、お互いに都合が付かず

実現したのは3週間後。


これって時には良いですね!


結局

話の内容はこちらの想像通りでしたが

こちらに話す前に時間があった為に

自分の中で折り合いが付いたようで

お決まりの筋書き通りにはなりませんでした。


ただ、問題を先送りするだけですので

アドバイス&対処法を伝授。


その時に

「所で将来的にはどう考えているの?」


「美容師を続けるかどうかはまだ未定です

 ただ、美容に関係する所に身は置いていたい

 ・・・と思います」


「ん~、今いくつだっけ?」


「〇〇歳です」


その後、色々と話をして別れ

自分の中でその時話をしたことを

反芻していて


自分がその年齢の時に

この道でずっとやっていくと

迷わず思っていたかと考えると


自分の場合はもっと漠然と

ただ目の前の仕事をやっていただけで

将来のことなんか考えていなかった!

ただ、迷う程の考えも無かったな!


今の時代は

選択肢がいっぱいあると思うし

情報はいくらでも入ってくるので

そういった中で迷子にならないように

水先案内人の役割を

しっかりやらなくてはいけない立場と

改めて感じた時間でした。


yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000