体を温める

今日は日中はとっても暖かく

街中ではコートを脱いで歩く人が多く、

春が近づいている気配を感じます。


ただ、先週から体調を崩しているスタッフが

今日もサロンワークは無理という事で

自宅療養をしていると聞いたので

少々お節介ですが、無理やり病院に連れ出し

色々と話をした時に・・・“え!”と思ったことが!


「どう、どんな感じ?」

「気持ちが悪い時とそうじゃない時が交互に来て」

「そう、ご飯は食べれてる?」

「ここ1週間位食べられてません!」

「じゃ、身体がフワフワした感じだね!

 熱はあるの?」

「ええ、チョットあります」

「咳も少し、のども痛かったです」

(やば(@_@。インフル?)

「ところで熱は何度位に上がっているの?」

「ええ、36度5分くらいあると思います」

\(◎o◎)/!え~!


そうなんですね、最近の子は多いですね

低体温、平熱が35度台しかない!

平熱が私より1度も低い!


これでは「内臓の消化力」「病気と闘う免疫力」は激減!

「疲れが溜まったり、肥満、高血圧、メタボ」などの

様々な病気が出てくるそうです。


先ずは、吐き気を鎮めて食事をとり

身体を温かくしてゆっくり睡眠をとって

早く元気になって出てきてね!・・・と


今、このブログを書いていて

別の事に気付いてしまいました。

それは・・・?


「疲れが溜まったり、肥満、高血圧、メタボ」

これ自分の事じゃない!!

自分はどうなんだろう??



頭だけの知識ではなく

実践して体現する知識

そんな事を身に着けよう!


yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000