パラダイム

ある人が

美容室は究極の「紹介ビジネス」と

言っていました。


美容師法第2条で

「美容」とは、

パーマネントウエーブ、

結髪、化粧等の方法により、

容姿を美しくすることをいう。

とあります。


古い表現ですね!!


この法律で考えると

カラーリング、縮毛矯正

ヘッドスパ、マツエクなどは

化粧等の方法によりの

「等」に含まれるのでしょうか?


最近ですと

小顔エステや増毛、育毛

美容関連商品の販売など等々


そこで冒頭の

究極の「紹介ビジネス」ですが

本来技術でのつながりの理美容ですが


切られて、薬液を付けられ

熱を加えられても痛い訳ではありませんが

その自分の体の一部を

全て丸ごと任せてしまう理美容室


そしてそれを全て請け負う理美容師


信頼関係がなければ成立しません


今の世の中、情報が一生掛けても

処理出来ない量で溢れています。


その情報を誰かに相談したい

自分の背中を一押しして欲しい

誰かに話して安心したいetc


それが理美容室であっても良い訳です。


その事をシッカリと理解している人は

その部分に力を入れています。


先日、きもの屋さんと打ち合わせをし

シッカリと契約を交わして

お客様にこの部分も情報提供して

お客様の価値観に見合った物があれば

お付き合いさせて頂く(他では当たり前?)


古い法律に縛られている訳ではありませんが


まさしくパラダイムシフトをして

踊り場から次のステップを踏まなければ

新しい勢力に飲み込まれて無くなるだけ


なので理美容は技術を通じた

「サービス業」から

「究極の紹介業」へ

パラダイムシフト出来たところが

生き残ると感じています。

この絵はいったい何を意味していますか?

yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000