プレゼント

今、定期的に美容学校に行き

1日の特別授業に参加し

その中で

「美容師に関しての5分間プレゼン」

という事をスタッフの皆が勉強し

専門学校の生徒の前でやっています。


地方の小さな学校に参加する事が多く

平均で8~10社位の会社の代表が

それぞれプレゼンをすることになります。


そのプレゼンを通じて

いつも感じる事があります。


聞いている生徒達が

前のめりで聞いているプレゼンと

少し引き気味に聞いているプレゼンの

二つが存在すること。


けっして話が上手だと前のめりで

下手(程度によりますが)だと

引いてしまうのではなく


何か目に見えないものが

ある様に感じます。


そこで理屈っぽく調べてみました


プレゼンとは?

似た言葉でプレゼントというのがあります。

プレゼンはプレゼンテーションの略ですが

語源をたどるとプレゼントに行きつくそうです。


では

相手に何をプレゼントするのか?

この場合は

情報という事になるのでしょうか?


ただ、そこに書かれていたのを見て

ん~~~!

なるほどといった事が書かれていました。


プレゼンを行なう人は

相手にプレゼントを渡す立場で

上の立場になりがちですが


この場合プレゼンをする場、その時間etcを

先にプレゼントされている立場


そう考えると

お返しをする

それも出来るだけ喜んで頂けるように

お返しをすることがプレゼンでは?

という解釈がありました。


発表をする美容師さん達は

けっしてしゃべりのプロではありません。

ただ、その相手の為にという

何か見えないプレゼント(学生目線)を

相手に表現できていると

人は引き付けられるのかもしれません。


今週末は店長会議で

その中で話をする機会もあります。


立場上、上から目線で話がちですが

立場を貰っているのも

話をする機会

時間を貰っているのも

先にプレゼントを頂いているという事


それに報いるためにも

その時間を無駄にしないように

押しつけにならないように

上から目線で決めつけないように


皆が聞いて良かったと感じるような

プレゼンをしたいと思います。


プレゼン=プレゼントを意識して

会議にのぞみます\(^o^)/


yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000