対話と会話

4月に入り2週間が過ぎました。

新しく社会に出たメンバーも

ほんの少し慣れてきた頃でしょうか?


先日帰りの電車には

多分研修が終了して各地に帰る

新人と思われる男女の集団と同乗しました。


少しお酒が入っているようで

社内でも大きな声で会話をしています。


研修中の重圧から解放されて

同じ仲間だけの時間を過ごして

ホッとしているのでしょう!

( ただ、少々うるさい<(`^´)> )


自分も数十年前

入社前に10日間ほどの研修に参加し

皆で盛り上がったことを思い出します。


研修後、配属先に出社して

廻りは温度差がある先輩達と一緒に

仕事をスタートして不安でしたね!


今の職場は職場自体が研修の場で

教えるのも現場の上長・・・と云うより

ほんの少しキャリアが上の先輩。

だから雰囲気や相性を気にするのでしょう。


私の営業時代は口を開けば

「辞めたい、北海道に帰る」が口癖。


一番最初に思ったのは

ある取引先へ上長に同行して

その会社でやっている光景を見た時でした。


それは

その取引先の社内ミーティングに同席し

色々とその中でアドバイザーとして

意見や指導をするという仕事。


当然、新入社員の私はその場にいるだけ

そこで

その日のお題が

「対話と会話について」・・・???


その当時営業が終わってからのスタートで

スタート時間は21:00位からだったと思います。


各班に分かれたメンバーから

会話とは「××××・・・・・・」

対話とは「〇〇〇・・・・・・・・」

ってなことが延々と続きます。


終了して寮に帰ったのは

AM5:00を過ぎていたと思います。


そのまま寝ずに少しだけ休んで

また営業所に出社しましたが

この時が私の最初の

「 辞めてやる!!<(`^´)> 」

でしたね。


そんな私も

その会社で20年間勤めて転職し

今に至ります。

多分、単なる口だけの人間だったのでしょう!


それと今よく聞く

「夢や目標」が無かった人間だったのと

今のように情報はなく

自分の背中を押すだけの動機付けが

弱かったからだと思います。


今の時代に自分が新人だったら

一週間でサヨナラ!だったかも?

yoshihiro honma's 『心の棚卸』

東京の国立・国分寺・八王子で美容室4店舗 ラ・ナチュール、ヘアアーティス、ヘアマジック、 ビギン南大沢のマネージメントをしています。 過去に読んだ本やブログなど心に残ったことや、日々の出来事を 自分なりに整理し自分の言葉で置き換えアウトプットします。 心の棚卸をして日々の生活や仕事の交通整理をします。

0コメント

  • 1000 / 1000